1. >
  2. >
  3. 目の疲れがなかなか取れません…。対策方法を教えてください
メガネ
健康

目の疲れがなかなか取れません…。対策方法を教えてください

眼精疲労対策について

目が疲れた状態になった時に例えば休憩をすることによって、その症状が回復するのであればそれは疲れ目ですので、それほど心配はないのですが、症状が持続してしまう時には眼精疲労の可能性が考えられますので、ケアが必要になります。

眼精疲労の症状が考えられる時には、その症状が悪化してしまう前に医療機関での診察を受けるようにするといいでしょう。

典型的な眼精疲労の症状としては、目がぼやける、目が痛い、充血する、目がしょぼしょぼする、涙が出る、更には、肩こり、頭痛、吐き気などが見られることもあります。

眼精疲労の原因

眼精疲労が出てしまう原因としては以下のものが考えられています。
その原因を排除しないと、症状がどんどん悪化してしまうことが考えられます。

目を酷使してしまうと、眼精疲労の症状が出てしまうことが考えられます。
インターネットや携帯の普及によって、目を使うことが増えていますので、眼精疲労の方は必要最低限のネット使用や携帯使用を常に心がけていくようにすると良いでしょう。

目の酷使以外にも目の病気によっても眼精疲労になる場合が考えられます。
近視、遠視、乱視などによっても眼精疲労の症状が引き起こされてしまうことが考えられます。

ドライアイの方も眼精疲労になってしまう場合があります。
パソコンや携帯電話などの画面を見ることが多い方がドライアイになりやすくなりますので、注意が必要です。

緑内障眼瞼下垂によっても眼精疲労が引き起こされる場合があります。
眼科を受診して、病気が回復すれば、眼精疲労の症状が回復していくことになります。
これらの疾患はそのままにしてしまうと、失明の可能性もありますので早急な治療が必要です。

日常的にストレスを抱えているような方の場合、それが内臓疾患(高血圧、胃潰瘍)を引き起こしてしまって、それが原因で眼精疲労になってしまうことも考えられます。
このような場合には、出来る限りストレスフリーの生活を送って行くようにすることが肝要です。

日常的にできること

眼精疲労を予防するには、日常的にはたとえばメガネやコンタクトレンズが自分に合っているかどうかをチェックするようにすると良いでしょう。
眼鏡屋にいって、自分の目の状態をチェックしてみて、最適な眼鏡を購入するようにすると良いでしょう。

携帯やパソコンを使う時には、画面を適度な明るさにして目ができる限り疲れないような環境にしていくことも必要です。
また、目の周りを温めたり冷やしたりすることによって、血行の改善を図っていくようにすることもお勧めです。

趣味やスポーツなどで、定期的にストレスを発散してリフレッシュするようにすることもお勧めです。
要は体と目を疲れすぎないようすることが眼精疲労の予防には重要なポイントになります。